バリでリゾ婚!|ついにこの日が…リッツ・カールトンでウェデイング♪

バリでリゾ婚!|ついにこの日が…リッツ・カールトンでウェデイング♪
 

嫁ちゃんです!
ついに…
ついに…
リゾートウエディング♪

 

リッツ・カールトンのザ・マジェスティックチャペルにて挙式♪



式は10時頃からなので、7時頃にワタベウエディングのスタッフさんが迎えに来てくれます。支度部屋は部屋というよりは、家という感じで、二階建てで一階はトイレや試着室、大きな鏡にソファー、二階はメイクルームになっていてゆったりと支度が出来ます!ブライズルームと言うそうです(^-^)

朝早いという事で、ホテルからサンドイッチや果物など簡単につまめる朝食を頂きました!

ドレスをすぐに着れるように、ストッキングやペチコートなど、その他の物を身につけていよいよメイクスタートです!



私は事前にメイクの打ち合わせは頼まなかったので、ここでイメージを伝え、使いたいヘッドドレスを渡します。

メイクをしてくださるのは、日本人の方なので言葉の心配もありません。
「この様なイメージは好きですか?」
など、事前に聞いてくれながら丁寧にメイクをしていただきました。

旦那ちゃんはホテルのお部屋で自分の髪の毛を仕上げ、その後この支度部屋でタキシードを着せてもらいます。

 

 

旦那ちゃんの準備はあっという間に終わったので、実はちょっと仮眠してました・・・
嫁ちゃんには内緒です!
女性の準備はただでさへ時間がかかるのに、今回はウエディング!
待ちますよ!いつまでも♪

 

私もドレスを着せてもらい、白いハイヒールを履き、ブーケを手渡してもらい、準備は万端です!

ちなみに、ワタベウエディングのスタッフさんは常に横にいてくださって、私の靴が少し大きいとポケットからすかさずティッシュを取り出し、つま先にイン!
私のヘッドドレスのヒラヒラなびくヒモも、常に1番良い位置にサッと直してくれます!


支度が出来ると私の父も支度部屋にやって来て、バージンロードを歩く練習をします(^-^)

腕の角度やブーケの持ち方、旦那ちゃんへ受け渡しのやり方などなど教えていただきます!

そろそろ時間になり、いざチャペルへ!

 

支度部屋を出て父と歩き始めると、プロのカメラマンさんがパシャリ!!これから式が終わるまでお世話になります(^-^)

ちなみに、この時の父との写真はお気に入りで、さすがプロ!という仕上がり。
モデルはごくごく普通の日本人の父と娘ですが、真っ白いガラス張りのチャペルに青い空、その中を歩いている姿は自分たちではない様な思い出の一枚です!

さぁ、いよいよチャペル内へ!!



スタッフの方々が扉を開けてくれると、バージンロードの先には旦那ちゃん
会場の最前列には私たちの両親と弟。皆が笑顔、私も笑顔です。



チャペル、バージンロード、と話で聞いていた通り、全て生花で飾られていて、とっても良い香りがしています。

キーボードの演奏、生歌を聴きながらバージンロードを歩き、エスコート役は父から旦那ちゃんへ!
父は頼みますね!!と言っている様な真剣な表情で私の手を取り旦那ちゃんへ任せます。

旦那ちゃんと牧師さんの前へ行き、牧師さんの祝辞の挨拶をいただきます。

祝辞の後は聖書の朗読!頭を下げてお祈りを聞きます。



続きまして、英語での結婚の意思確認!
「YES、I DO.」

誓いの言葉をお互いに言い、指輪の交換です。お互いにはめると、牧師さんの結婚宣言。

 

そして誓いのキス!



家族の前でとても照れくさいですが、事前に良い角度(笑)なども教えていただき、サラッと行い、結婚証明書にお互いサインをし、参列者にもサインをもらい、結婚成立です(^-^)

 

ザ・マジェスティックチャペルを出て外へ!



写真撮影の時間が少しあり、家族たちはフラワーシャワーの準備のためチャペルの外へ。
2人で歩いて行くと、フラワーシャワー!



そして、チャペルの前で皆で記念撮影(^-^)

 


チャペルの外の青空の中、シャンパンの乾杯やウエディングケーキのカットなどを行います。カメラマンさんが良い写真を撮ろうと色々な角度から撮ってくれます。また、良い写真になるように私のまわりには常にワタベウエディングのスタッフの方々!

日傘を差してくれたり、風に吹かれる前髪をそのつど直してくれたりと、いたれりつくせりです!



ひと通り終わると、楽しみにしていたビーチでの撮影です!



長くなったので、続きは後編で!!